芸能人無料動画

--年--月--日(--)

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2008年06月08日(Sun)

スポンサードリンク

メールでのお礼の言葉で、私はいつも漢字を使って「有り難うございます」と書くことが多いのですが、私が受け取るメールでは「ありがとうございます」と殆どが平仮名なのです。

どちらでも正しいとは思っていますが、平仮名の方がより丁寧なのでしょうか?それとも何か理由がありますか?

ビジネスでのメールですが、社内でも社外の方とのメールでもそうなのです。

何かご存知の方、教えてください。



「何か理由」は、ないと判断します。私は(ちょっとした物書きですが)、「ありがとうございます」ですが、ご質問の例示のほか「有難う御座います」などもありますネ。

「有り難う」には当てはまりませんが、常用漢字の範囲内とか、JIS第1水準の範囲でとか、いろいろ自分で決めれば、それが最高と思います。

ちなみに私は、原則「常用漢字」ですが、自分で例外を決めています。完全に常用漢字で、ということになると、「な良」「くま本」としなくてはいけません。また、「全」は常用漢字ですが、それには音訓の制約があって、「全く」は使えても「全て(すべて)」は使えません。

私自身の基準は、多くの人が接するであろう新聞の表記基準を参考にしています(自身は、新聞記者などではありませんが)。それによると、「めったにない」(有ることが難い)意味では漢字で「それは世にも有り難いことだ」「彼は有り難い才能の持ち主だ」としますが、感謝の表現では「ありがとう」「ありがたいお言葉で」「ありがた迷惑」のように漢字を使いません。私もそうしています。

ご参考まで。



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。